薄毛原因

夏の紫外線からあなたの大切な髪を守るためにやるべきこと

ゴールデンウィークも終わり、爽やかな5月の空・・・いやいやとんでもない。いつからか風薫る爽やかな5月は、地球温暖化現象で紫外線ギラギラなアッチィ5月となってしまいました。まだ5月だし、日焼けなんて気にしなくても・・・なんてとんでもない!

きめ細かな肌でいたいしキレイな髪をキープしたい。いくつになっても女ですもの。そこで夏の日焼けによる髪のダメージを回避する方法や、日焼けしてしまった時の対応などをまとめてみました。

日焼けをして頭が熱い どうしよう?

 

太陽の下、家族で海やバーベキュー。お天気に恵まれて最高にいい気分。楽しいことに夢中になって、頭皮がヒリヒリ。日焼けをしてしまったみたい。どうすればいい?

夏の日差しは一年を通して特に紫外線が強い。何も対策をしていかなければ、紫外線により、頭皮は赤く炎症を起こしやすくなってしまいます。炎症を起こした頭皮は火傷と同じ。早めに手当をしないと、放っておけば、白髪や抜け毛の原因にもなってしまいます。

長時間太陽の下で日に焼けてしまった時の手当は以下の通りです。

  • 水を当てて冷やしましょう
  • シャンプー剤やブラッシングの刺激はさけましょう

乾燥した皮が、フケのように落ちてきますが、落ち着くまでは刺激を与えずに潤いを与えてくださいね。

美容師KIKOさん
美容師KIKOさん
 私的には湯シャンと秘密のゼリーをお勧めするけどねー
マミちゃん
マミちゃん
 なんですか?秘密のゼリーって。
美容師KIKOさん
美容師KIKOさん
アロエベラエキスが83%も入ったジェル状の化粧水なのよ。タオルドライの後に適量をとって髪全体につけるの。髪が保湿で潤ってしっとりといい感じになるのよ。 
美容師KIKOさん
美容師KIKOさん
また、頭皮に火傷をおった時は、アロエベラエキスが99.8%入った化粧水をたっぷり使って、地肌をマッサージしているわ。この化粧水は本当にすごいわよ。薄毛にも効果的だなと私は感じたわ。ただ、市販では買えないから詳しく聞きたい人はコメントくださいね!
マミちゃん
マミちゃん
すごく気になるー!!アロエベラエキスが83%とか99.8%なんて聞いたことがないわ
時田麻子
時田麻子
うん、これはね、人を介してじゃないと購入できないの。今度ちゃんと説明するね。お問い合わせはこちらです。

また、湯シャンがあまり好きではない人は、シャンプーは低刺激な天然由来のオーガニックなものをお勧めします。その時は、地肌をひっかかないように優しく洗うようにしてくださいね。

 

 

時田麻子
時田麻子
このシャンプー私も大好きよ。
マミちゃん
マミちゃん
277人の総合評価が4.61(5段階評価)ってすごい人気よね。
女性の口コミ
女性の口コミ
良い
頭皮にも髪の毛にもとても良い感じです
猫毛のくせ毛ですが、落ち着いてきましたずっと続けていきたいです
女性の口コミ
女性の口コミ
ヘナに合います
ヘナとセットで使っています
色落ちが防げるような気がします
これ以外のシャンプーで洗うと、泡が青くなります
パサっとした感じになるので、アウトバストリートメントは必須です
女性の口コミ
女性の口コミ

使用して一カ月が経ちました。
シャンプーして乾かすだけですが、サラサラの手触りと、髪にツヤがでてきたように思います。
時短になり、特にトラブルもなく、満足しています。
頭皮も髪も前よりいい状態になっていると思いたいです。

まだ、3分の2は残っているので、コスパはいいほうだと思います。

白髪染をしていますが、持ちがいいかどうかは特に実感がないので星4つにしています。

参考レビュー:https://product.rakuten.co.jp/product/-/cb0f516169f1b457481d2c07d9a8b670/review/?l2-id=pdt_overview_review

他のレビューにも書いてありましたが、実際に使ってみて、コンディショナーなしでも髪がしっとりサラサラ。本当におすすめできるシャンプーでした。

 

 いつも心がけること〜夏の紫外線〜

事前ケア

夏の紫外線はゴールデンウィークが始まる4月後半くらいからかなり強くなり、9月までその厳しさは続きます。紫外線から髪を守るためには、無頓着ではいけません。肌はしっかりとUVケアをするのに、髪に至っては何の対策もなしの人がたくさん。

そして、それこそ髪だけに注意を払っているだけではダメなのです。良い髪を作るためには、良い体から。普段からいつも健康でいる(=良い体)ことを意識した生活を心がけることがとても大事なのです。

その結果、キレイな髪、強い髪でいられることにつながるのですから。

おさらい!良い体作りの基本バランスの良い食事をとる

  • 腸内環境を整える
  • 質の良い睡眠
  • 適度な運動
  • 質の良い水
  • 酸素を体にいっぱい入れる
  • たくさん笑う

こうして、自分の体が健康に保たれるのでしたね。それが、髪にも肌にも本当に大切なことなのです。

時田麻子
時田麻子
体の中から・・・なのよね。髪も、肌も。
美容師KIKOさん
美容師KIKOさん
そうなのよ。髪の美しさは中8割、外2割。いくらシャンプーやトリートメントをしたところで体の中身がおろそかにしていたら、髪だってお肌だって問題があって当たり前なのよ。

一年中キレイな髪でいるには、まずはしっかりとした強い髪であることが大前提、そのためには体の中からというのは不可欠なことだと思います。

日焼け対策

さあ、ここでやっと髪を日焼けから守る対策をご紹介します。とは言っても目新しい情報でもないのですが。子供の頃からやっていることだったりが大事だったんだなーと改めて思いました。

  • 紫外線を浴びない
  • 帽子(つばの広いもの)(通気性の良いもの)
  • 日傘(色が濃いめのもの)(厚めのもの)
  • 日陰を歩く
  • 髪をまとめる(紫外線を受ける面積を最小限にする)
  • UVカット効果のあるヘアケア製品の使用
  • もっとも紫外線が強い時間極力避ける(10:00-14:00)
時田麻子
時田麻子
これ見てどう思った?
マミちゃん
マミちゃん
そうだね。ヘアケア製品ってどんなのがあるのかなぁ?って思った。

UVヘアケア製品ご紹介

 

 

ミーファ フレグランスUVスプレー マグノリア

SPF50+ PA++++(80g)

オレンジ油(保湿)と6種類のオーガニックハーブエキスが保湿をしながら髪や肌を守ります。マグノリアは華やかで上品なオレンジフラワーの香り。

レビュー759件星4.5(5段階評価)

女性の口コミ
女性の口コミ
女性の口コミです 買って正解でした!!
日焼け止めの塗り直しが簡単に出来るのでありがたい

 

女性の口コミ
女性の口コミ
女性の口コミです 香りは控えめで爽やか。
男女問わず使えて、万人受けする香りです。
TPO問わず使えそう。
女性の口コミ
女性の口コミ
女性の口コミです

手軽で消臭作用もあり高機能

長年愛用しています。

UV下地やファンデを塗り直すのは面倒なので、スプレー式のこちらを購入。

髪にも使え刺激もなく全身スプレーしてます。

https://product.rakuten.co.jp/product/-/41f3aeec125afc94892191fcecd2e835/review/?l2-id=pdt_overview_review

圧倒的なレビューの多さと高評価。¥570+送料

 

心髪 UVオイル

SFP25 PA+++ 100ml

特徴はツヤを作るボタニカル成分配合

  • オリーブ油
  • ヨーロッパ木苺種子油
  • ホホバ種子油

柑橘系フルーツとラベンダーの香り

使い方は簡単:タオルドライの後に手のひらに適量つけて毛先を中心に全体になじませ、乾かします。

女性の口コミ
女性の口コミ
女性の口コミです サラサラのオイルでベタつかず、乾かした後髪もまとまってとても良いですね。

こんな方におすすめです

  • 紫外線やアイロンのダメージケア
  • 乾燥でパサつく髪をまとめたい
  • 髪や頭皮の日焼けを予防したい
  • パーマ後の髪にツヤを出したい
  • カラーの褪色を防ぎたい

¥2200+送料(3980円以上送料無料)

 

ディーセス エルジューダサントリートメント

洗い流さないおトリートメント SFP25 PA+++ 120g

マミちゃん
マミちゃん
「お風呂上がりの髪に使用すると翌日紫外線をカット」だって。

¥2701(送料無料)

日焼けのダメージ

日焼けのダメージって具体的にどんな感じなのでしょうか。

  • 潤いがなくなた感じ
  • パサついた感じ
  • 枝毛切れ毛縮毛が増えた感んじ
  • 色が薄くなった感じ
  • ハリやコシがなくなった
  • 髪は体の一部が角化した部分
  • 枝毛、切れ毛の原因
  • 日焼けによる退色

誰でも一度は体験したことがあるのではないでしょうか。なんかパサつく。なんか乾燥した感じ。なんか髪が細くなってる気がする。

真夏の紫外線にさらされ続けていると、髪はキューティクルが剥がれ、紫外線が毛内部に侵入し破壊されてしまいます。髪の毛はもともと角化されたもの(死んだ細胞からできたもの)なので、いくらそこに高級トリートメントをつけてももう元には戻りらないのです。

紫外線のダメージは髪だけではありません。帽子などかぶっていなければ当然頭部にも被害は及びます。頭皮にダメージを与えてしまうのです。頭皮が日に焼けて皮がむけたなんて経験ありませんか?

この現象は、頭皮の細胞が日焼けして死んでしまったことから起こります。とは言っても頭皮も肌と同様にターンオーバーを繰り返して生まれ変わる特徴を持っています。そこは安心してくださいね。

肌のターンオーバーの周期は28日。その間、細胞が新たに作られ、生まれ変わります。その過程の中で、傷ついて死んでしまった皮膚が剥がれ落ちていく、「これが皮がむける」といった現象となります。

頭皮は、髪と違い、日焼けによる自己治癒能力を備えているということなのです。

しかしながら、あまりにも紫外線対策を怠り、地肌の炎症を起こせば、毛穴の健康状態も悪くなる可能性も出てきます。白髪、抜け毛、ボリュームダウンの原因にもなりかねますので紫外線対策はちゃんとやって出掛けましょうね。

紫外線だけじゃない夏のダメージヘア

ダメージヘアの原因は紫外線だけじゃなかった!ダメージヘアはいろんな要因が組み合わさって起こる現象なのです。

①夏季の急激なダイエット

夏が来ると短期間で痩せることを目的としたダイエットをする人がいます。食事を取らない、炭水化物取らない、バナナダイエットなど1食品のみ食べる、水だけダイエットなど。今、ダイエットの情報はインターネット上に玉石混交です。

しっかりとした理論背景の元、行って欲しいと思います。体が丈夫であることは鉄則です。体に負担をかけるような食事の取り方は避けましょう。ダメージヘアどころか、生命の危機にさえ発展しかねません。

美容師KIKOさん
美容師KIKOさん
急激なダイエットで体に必要な栄養素が巡ってこないのだから、髪にまで栄養が届かず、抜け毛やハリやコシがなくなるのは当然のことですよね。

②食欲不振による栄養不足

こちらはダイエットとはニュアンスが違った栄養素不足によるダメージヘアの原因です。暑すぎて食欲がない、暑すぎて体調が悪くて・・・そんな経験は誰にでも起こりうるのが真夏の厳しさ。

だからと言ってアイスや水分ばかりをとっていると、糖分過多や水分過多となってしまい、栄養不足となってしまいます。

  • トマトやオクラなど夏の野菜が入ったスープやサラダを積極的に取ってみてください。大豆を入れたり、アボカド、豆類、鳥のささみなどを入れた具たくさんなスープやサラダがオススメです。
  • 水にはちみつとレモン汁と塩で天然のポカリスエット

暑い体を冷やすのは大切なことですが、体に入れるものを賢く選択していきましょう。

③濡れた髪は傷みやすい
髪を洗ったまま、寝てしまったことなどありませんか?濡れたままの髪でいると、髪は傷みやすくなりますので注意が必要です。

④海水に濡れた髪
海水浴にはご注意を!海水の成分により、軋みや切れ毛をおこす原因にもなります。紫外線によりキューティクルが弱くなっているところに海水の不純物が付着することで、髪同士がこすれ合いさらにキューティクルのダメージを促してしまう可能性が。

髪が海水になるべくつかないように結いたり帽子をかぶったり、洗い流さないタイプのトリートメントで十分に保護してあげましょう。そして、海水浴後は十分にシャンプーをしてあげてくださいね。

⑤プール
プールは真水だけでは細菌が発生してしまうため、どうしても消毒のために塩素剤を入れます。その塩素のせいで、髪にダメージを与えてしまいます。紫外線防止対策+髪が水に濡れない工夫をしていきましょう。

⑥睡眠不足
質の良い睡眠は良い細胞作りに欠かせない反面、睡眠不足が細胞に悪いことは、言わずもがな、ですね。夜、ちゃんと寝ていますか?遅くまでスマホやテレビなど見ていませんか?仕事もほどほどに。しっかり寝てくださいね。

暑すぎて寝れないのは冷房を入れたまま寝るよりも体に悪いこと。室温調整、風力調整をしつつ、快適な部屋にしてでも、睡眠はちゃんとしっかり取ることが必須です。

⑦冷房
冷房で手足が冷えていませんか?カダラが冷えると体温の低下につながります。体温が低いと・・・・これまた良い細胞が作れない状態になるだけでなく、免疫力の低下にもつながります。暑いけど、体は冷やしすぎないことに気をつけてくださいね。

時田麻子
時田麻子
結局のところ、健康管理状態が髪にも影響してくるんだよね。外的要因だけじゃないということなんですよ。

 

まとめ

大切な髪、日焼けしたら?

  • 水を当てて冷やす
  • シャンプー剤やブラッシングの刺激はさける
  • 地肌が落ち着くまでは刺激を与えずに潤いを与える

日焼け対策はどうする?

  • 紫外線を浴びない
  • つばが広く通気性の良い帽子をかぶる
  • 日傘は色が濃く厚めのものを選ぶ
  • 日陰を歩こう
  • 髪をまとめて紫外線が当たる面積を最小限にする
  • UVカット効果のあるヘアケア製品の使用
  • もっとも紫外線が強い時間10:00-14:00に外に出ることを極力避ける

髪のダメージは紫外線だけじゃない!
濡れたまま寝てしまうのはNG

結局は細胞が元気でいることが大事。まんべんなく栄養素が取れているか?睡眠の質は?体は冷えていない?

髪が痛むことは紫外線など外因的要素もあるけれど、痛んだものを修復させる力はやはり体の中からしか起こらないのです。髪は角化された細胞の集まりだから、自己治癒力は持っていません。切って伸びるのを待つしかないのです。

外因要素から守る手立ては多少あるかもしれませんが、基本は中8割だということをいつも覚えていてくださいね。最後まで読んでくれてありがとうございました。