髪 注意

夏!海水浴を満喫したい!でも髪は守りたい どうする?

若い頃、家族や仲間たちと海水浴やダイビングで楽しんだ思い出がありませんか。夏が来るたびにワクワクしていたことを思い出します。海に入っている時は楽しいのだけど、家に帰っていつも感じていたのが髪がゴワゴワしてブラシが通らないな〜ということでした。

おまけに髪までもが焼けて茶髪気味になったり、切れ毛や枝毛だらけになってしまったり。いつもなんでだろう?と思っていました。調べてみたらなんと!海と太陽に原因があったのです。今回はそんなお話をまとめてみました。

 

髪を守る:海水浴をするとなんで髪が痛むのよー!

海水が髪のダメージを起こす理由

理由その1)海水は弱アルカリ性
髪を染めたり、パーマをかけたり、縮毛矯正をしたり、これらに使用するヘアカラー剤、パーマ剤、縮毛矯正剤などは海水と同じアルカリ性だということをご存知ですか。パーマをすると髪のコシが弱くなった?そんな思いをしたことはありませんか。

海水に髪をつけるということは、上記の薬剤に髪をつけたと同じ状態。さらに、海水浴ではこれらの液に髪をつけたり乾かしたりを朝から夕方までずっと繰り返しているということと同じなのです。想像したらこわっ!って思ってしまうのは私だけでしょうか。

理由その2)濡れる乾く濡れる乾くの繰り返しが海水浴
たった一度でも髪が海水に使ってしまうと髪は大きなダメージを負ってしまいます。そして、濡れる乾くの繰り返しを起こすと、ブリーチ並みのダメージを起こすのだそう。

髪質がゴワゴワの硬い髪の上、色が抜けたオレンジ色に変わってしまいますからご注意くださいね。

理由その3)海水+紫外線
濡れたり乾いたりのブリーチ並みのダメージを負ってる髪にさらなる過酷な自然のエネルギーが否応無しに注がれてきます。それは紫外線です。紫外線がが当たるとダメージが進みます。

壊れたキューティクルの間から潜入した紫外線により髪内部が参加され色が落ち、ゴワゴワ、色落ちの原因となります。

理由その4)海水浴後のシャンプー!?

海水浴後は、いち早くシャンプーで髪を洗いたい。海水でゴワゴワ、砂でザラザラ。早く落としたい!しかし、ここに落とし穴があるのですから要注意です。海の家や宿泊施設に備えられているシャンプーは大概がドラッグストアなどでも購入できる激安シャンプー。

洗浄力がやたらに強くて傷ついた髪や地肌にさらなるダメージを与えてしまうのです。これは知らなかった!!

髪への負担軽減方法について

髪のダメージの原因は上記から見ると、海水成分と忘れてはならないのが紫外線とのコラボレーション。これを知ってしまったら、なんのケアもなしで海にダイブ!!なんて恐ろしいことは、できませんよね。少しでも髪をいたわるためにはどう対処すればいいか少し考えてみましょう。

海水について

海水成分は水分96.6%と塩分3.4%

塩分中

塩化ナトリウムが圧倒的に締め、塩化マグネシウム、硫酸マグネシウム、硫酸カルシウム、塩化カリウム、その他で構成されている

マミちゃん
マミちゃん
海水のことなんて、こんな時じゃないと調べたりしないね。
時田麻子
時田麻子
海に入るといつも髪がバリバリになっていたことを思い出したわ。櫛が通らなくて苦労したもの。
マミちゃん
マミちゃん
髪が茶色になった感じがしたよ。

 

髪を守る:夏はすぐそこ!海水浴対策をして楽しもう

少しでも美しい髪を保つためにも、海に入る前にやっておくといいことがあります。それは、日焼けをしたくない顔に万全の対策をするのと同じこと。海水に入ってしまえば同じことかもしれませんがほんの少しでも優位でいられるために対策はしていきましょう。

髪を守るための海対策

基本は濡らさない

海水から髪を守るためには、基本的には濡らさないことが一番です。遊んでいる過程で濡れてしまったら仕方ありませんができる限り髪が海水にかからないように気をつけましょう。

濡れにくいヘアスタイル

髪が結わける人はなるべく海水に髪が浸らないように結わくことをお勧めいたします。

 

この投稿をInstagramで見る

 

この時のアレンジはIGTV動画 ツインお団子アレンジ に載せてます ・ #ヘアアレンジ#ヘアアレンジ動画#ヘアアレンジ簡単#ヘアアレンジ解説#ヘアアレンジやり方#簡単ヘアアレンジ#簡単ヘアアレンジ動画#簡単アレンジ#簡単アレンジ動画#簡単アレンジヘア#簡単アレンジ#ミディアムヘア#ミディアムヘアアレンジ#レイヤーカット#レイヤーミディアム#ミディアムアレンジ#ミディアムパーマ#鎖骨ミディアム#お団子ヘア#お団子アレンジ#お団子ヘアアレンジ#おだんごヘア#おだんごアレンジ#おだんご#おだんご動画#おだんごヘアアレンジ動画#ツインテール#ツインテールアレンジ#ツインテール動画#ツイン#hairarrange

高畑 和枝 ◦大人かわいいstyle◦(@kazu.garden)がシェアした投稿 –

マミちゃん
マミちゃん
ツインで可愛い。娘にやってあげたくなちゃう。
時田麻子
時田麻子
二つに分けてクルリンパするだけでもいいかも!

時田麻子
時田麻子
40秒でできるんだって!

 

この投稿をInstagramで見る

 

▀▄▀▄▀▄▀▄▀▄▀▄▀ 今日のアレンジ セルフで簡単スッキリ団子 今回はお団子の毛先も 入れ込んだ簡単ヘア マスクしてお買い物に そんな時にも 襟足、顔まわり巻くだけでも 充分可愛くなります★ 更に可愛いアクセつけるだけでも テンション上がります♡ 自粛期間を いかに楽しむか自分次第♬ 女の子の可愛いを応援したい✨ 今週の土曜日には Liveでセルフアレンジlessonも やらせていただきます♡ 良かったらこの機会に 一緒にチャレンジしてみて下さいね★ #アクセサリー @1peace_accessory クリップ @ciim_mayo @ciim_chihiro ピアス ▀▄▀▄▀▄▀▄▀▄▀▄▀

mayo♡✌︎ /セルフアレンジ/ヘアアレンジ/編みおろし(@powan_mayo)がシェアした投稿 –

マミちゃん
マミちゃん
お団子の位置で雰囲気が違うね。
時田麻子
時田麻子
上側の方が水面につきにくいけど、帽子がかぶりにくいよね。
マミちゃん
マミちゃん
確かに

 

時田麻子
時田麻子
麦わら帽子なんていいかもだけど。今の時代はどうなのかな?
マミちゃん
マミちゃん
普通に売っているくらいだし、いけるよ!きっと・・・

 

髪にも日焼け止めを

夏の強い紫外線から大切な肌を守るために日焼け対策はセオリーですが、実は髪も紫外線からの対策をきちんとしたほうが良いことを知っていますか?

先に述べたように、海水は髪をゴワゴワにしてしまうからなるべく海水がつかないように結いてまとめたり帽子などをかぶる対策をすればいいけれど、それでも紫外線は容赦なく髪も肌も突き刺してくる。

少しでも髪を守るために髪に日焼け止めをつけましょう。また、海から上がった時などもこまめにスプレーをつけることをオススメします。

ナプラ ミーファ フレグランスUV スプレー オリエンタルジャスミン 80g 《ヘアフレグランス 髪用 日焼け止め スプレー 髪 uvスプレー》

6種類のオーガニックハーブエキスやオレンジ油ローズヒップ油、ヘーゼルナッツ油、ブドウ種子油などで保湿成分をしっかりケアしながらキレイを守ります。

美容師KIKOさん
美容師KIKOさん
スプレータイプのUVケアは最初に頭頂部をかけてから毛先にかけてね。

 

 

こちらもミーファ フレグランスUVスプレー。香りを楽しみながらお使いくださいね。

 

【AquaParasol シーランドピューノ ラ フローラ ラフローラ UVプロテクトスプレー 日焼け止め化粧料 UV対策】

顔も髪も全身OKのスプレータイプの日焼け止め

  • 肌に優しいボタニカルオイル、シモフリマツ木オイルで保湿成分で潤おい
  • 国内最高基準のUVプロテクトを実現SPF50+  PA++++
  • オールシーズンOK
  • 白浮きしないサラサラ撥水パウダー配合
  • 石油系界面活性剤フリーで安心
  • お子様や男性にもOK
  • 汗や水に強い
  • 帽子をかぶる

などなど夏の紫外線対策にもぜひ活用してみてくださいね。

マミちゃん
マミちゃん
これをつけてさらに帽子をかぶれば強い味方だね!

髪を海水に浸ける前には真水で濡らす

海水浴ならば極力髪を濡らさないように気をつけることで、被害は最小限に食い止められますが、プールやダイビングではそうもいきませんね。サーフィンやダイビング、プールなどで完全に髪が浸水してしまう場合は、気休め程度な感じとなってしまいますが、やらないよりはいいのかな?といった感じです。

その一つにプールや海に入る直前に、真水で髪の芯までしっかりと濡らすということです。これは髪の毛が水を含み、塩素や塩水などから受ける刺激を軽減してくれます。

帽子をかぶる

海水浴にもプールにも帽子はかぶりましょう。髪や肌を紫外線から守るためにも。

時田麻子
時田麻子
私もこの帽子を持っているの。洗濯できるし髪を結いていても余裕でかぶれるのよ。

紫外線カット99%も嬉しいですよね。

絶対に大事!アフターケア

1)とにかくまずは海から出たら、すぐに真水でしっかり洗いましょう。

シャンプーはその後です。まずはその場でシャワーを使ってしっかりと真水で洗ってください。髪についている塩素や海水は髪にとって致命的な状態です。時間をおくほど、髪は痛みますので、遊ぶ目的が済んだら速やかに洗い流してあげてくださいね。

一度乾かした後、自宅で地肌に優しいシャンプーを使ってゆっくりと丁寧にお手入れをしましょう。

2)低刺激シャンプーで洗う

3)コンディショナーやトリートメントでカバーする

4)タオルドライ後に乾かす

 

髪を守る:プールの塩素から髪を守るには?

海水同様にプールの水もアルカリ性のため、髪が痛む原因の一つです。アルカリ濃度がph5.8~8.6と、高いプールもあれば、低いプールもあります。

海水浴は髪が濡れないように気をつけますが、プールではその気が緩みます。水泳はともかく、ウォータースライダー、飛び込み、水中でプロレス!?。何れにしても海よりは真水感が強くて、気が緩んでしまうのですね。

プールの独特なあの匂い。消毒が目的の「次亜塩素酸」が入っています。
漂白剤を限りなく低い濃度で溶かした水なので、髪や肌に決して良い場所ではありません。

しかし、大多数の人が同時に入るので、感染症予防などのために決められておりますが、髪や肌にとってはそれこそデメリットでしかありませんね。さらに紫外線が上からも地面を跳ね返りしたからも降り注がれています。

水中にいても、水面の照り返しで顔も髪も文字通り日焼けしてしまいます。十分な日焼け対策を髪にも肌にも施していきましょう。

そして、休憩ごとに髪を水で洗うようにしてあげると良いと思います。

プールのアフターケア

①髪を真水でしっかり洗う

水着を着たまま、シャワーがついていると思いますのでそこで髪についている塩素を落とすように洗います。

②シャワールームにて再び湯シャン後、シャンプーの持ち込みが可能なら髪に優しい低刺激性シャンプーで2度洗いします。しっかりとシャンプー剤は落とします。

③トリートメントをつける

洗い流さないタイプでもどちらでもOK。

美容師KIKOさん
美容師KIKOさん
この時、カラー後のトリートメントをオススメします。アルカリ性中和を目的としたカラー後専用トリートメントは、プールの塩素に浸った髪との相性がとても良いのよ。
時田麻子
時田麻子
海でも活躍するのよ。

 

 

こまめにシャワーや水道で塩素を流すことができるのはプールの利点。面倒くさいかもしれませんが、その行動が髪を守ることにつながるのかもしれないですよ。

海水だけじゃない。○○にも注意”?〜番外編

潮風に吹かれて気持ちいい〜。日が沈んだ後のまだうっすら明るい浜辺の散歩。灯台の岬から見下ろす海の風景。海という大自然が私たちの心をとても癒してくれるますね。本当に感謝です。

しかしここでも要注意です。髪にダメージを与えるのは海水だけじゃないんです。この気持ちいい〜潮風も油断大敵だということを覚えていてください。

マミちゃん
マミちゃん
 どういうこと?
美容師KIKOさん
美容師KIKOさん
塩分が含まれた風が潮風。それが髪についてしまうことで、髪の水分を奪ってしまうと言われているのよ。

水分を失ってしまった髪は傷つきやすい。風になびいているうちに髪同士がこすれ合ってキューティクルにダメージを与えてしまい、修復も困難になってしまうのです。

美容師KIKOさん
美容師KIKOさん
 とはいえ、大自然に癒されている時は少しくらい大丈夫って思ってもいいかなーなんて思ってしまうのが本音ですけどね。

 

まとめ

海水浴から髪を守る まとめ
  • 海水やプールの水はアルカリ性ゆえにパーマ液に浸したまま濡らす乾燥するの繰り返し。それを考えるだけでも痛むよね。
  • 髪を守るには海水浴やプールへの対策は必須
  • 潮風も髪を傷めるので要注意!

夏は海やプールで遊びたい。だけど大切な髪を守りたい。何も準備をしないで夜になって大後悔する前に、ちゃんと対策を練っていくことで大きな違いが生まれます。そして思う存分楽しんで欲しいなーと思います。