薄毛の生活改善

女性の抜け毛・薄毛の悩み 改善対策は何から始めたらいいの?

ここ最近、髪が薄くなってきたように感じる…髪を洗うたび抜け毛も多いような…髪を束ねた時、少なくなった?と不安に思うこともしばしば…どうしたいい?何をすればいい?そんな風に思ったことありませんか。

今回は抜け毛薄毛が気になる女性に薄毛の対策や未然に防ぐためにできることをご紹介します。この記事がたった一人の人のためになりますように。

 

薄毛対策なにから始めればいい?

薄毛の対策はみんなどうしているのだろう?ずっとキレイな髪のままでいたいけど何をしたらいいの?そんな大切な髪にあなたができることはこちらです。

  • 医療機関を利用する
  • 担当美容師に相談をする
  • 髪について勉強をする
  • シャンプー方法の改善
  • 生活習慣を見直す(睡眠、飲酒、喫煙、運動)
  • 髪に良い食べ物をとる
  • 帽子などで紫外線対策
  • 育毛剤を調べる

では一つづつ見ていきましょう。

時田麻子
時田麻子
髪を洗っていてびっくりするほどの抜け毛を体験した時に真っ先にお父さんの顔が浮かんだの。
マミちゃん
マミちゃん
なんでお父さん?
時田麻子
時田麻子
お父さんが頭頂部がやや薄毛だったの。それを思い出してもしかしたら遺伝?なんて不安に思ったわ。
マミちゃん
マミちゃん
それでどうしたの?
時田麻子
時田麻子
どしたらいいかわからないから、私はキコさんに相談したの。
マミちゃん
マミちゃん
薄毛なんてそれまで気にならなかった人が気になった時、どうしていいか迷ってしまうものね。
時田麻子
時田麻子
どうしたらいいか、これからお話ししますね。

 

薄毛抜け毛の対策はまずはここから

医療機関で相談を

薄毛が悩み深刻なら、すぐに専門医療機関に相談してみてください。薄毛は治療で治る可能性が高いそうです。その上で生活改善やシャンプー法などを実践してみることをオススメします。

担当の美容師に相談してみる

抜け毛や薄毛が悩みになると、美容室から遠のく人が増えると聞いたことがあります。行きづらくなってしまうのですね。

担当美容師が決まっていなかったり、自分と合った美容室を探している人は、信頼関係もできていないため、薄毛の悩みを言いにはなかなか行きづらいかと思います。かえって、薄毛と思われたくないがゆえに美容室から遠のいでしまうのでしょう。

逆に、この人!って決まったらなんでも相談しやすくなると思います。そんな信頼できる美容師さんを探して、相談してみてください。美容師さんは髪のスペシャリストです。髪に関する悩みについて、勉強されています。

自分一人では到底思いもよらないアドバイスが聞けるはず。薄毛、抜け毛が気になって、「医療機関」になかなか足が運べないなら、まずは信頼できる美容師さんに是非相談を!!

とは言ってもなかなか「この人!」と言う美容師さんに出会えない人もいるのではないかと思います。では、どうやって「この人!」を見つけることができるのでしょうか。

私の場合は、ブログを通じて会いたい美容師さんを見つけました。美容師さんの思いがブログに書かれていたのです。ブログだけでファンになっちゃったんです。予約して、髪を切りに行って、実際にあって話して。

美容師さんて言葉を引き出すのがとてもうまいからリラックスしてお話できるんですよね。そうやって私は、髪はこの美容師さんって決めることができました。

まだ美容師さんに出会えていない人は、一度ググってみてくださいね。ブログがなくても、こんな感じで「自然派」「オーガニック」などと謳った美容室に行ってみてもいいかもしれませんね。

髪について勉強する

どうしたらいいかわからない時、焦ってしまったり、不安になったりしますよね。どうにかしたくて、ググってみたり、改善のために情報を集めると思います。

そして、その情報をこんどは行動に移します。ただし、その情報は真実なのでしょうか?見極めるのはとても難しいですよね。私がオススメするのは薄毛を専門にしている医師の本を読むことだと思いました。

髪のメカニズムや、自分でできる手入れ方法、薄毛はちゃんと治療すれば治る可能性が大きいことが書かれています。そうした知識を持った上で、他にも何か情報はあるかな、この情報は信じて大丈夫かなと取捨選択ができるようになることが大事だなと思いました。

オススメの本はこちらです。

専門医が徹底解説! 女性の薄毛解消読本 医療法人社団セレス理事長 元神賢太著書

全4章からなっている薄毛対策に関する本です。なぜ薄毛は起こるのか、原因やどうすればいいか対策なども書かれています。

著者は、薄毛はちゃんとした医療機関で治療をすれば改善すると唱えています。肌荒れがひどくて皮膚科にいくように、薄毛にもちゃんと専門医があったんだと思いました。

間違ったケアでひどくなってから医者に駆け込むよりも、今の段階で専門の医師に見てもらう方のが解決が早いです。ぜひ、一度手にとって読んでみてくださいね。

シャンプー方法を改めて見直す

石油を原料とした界面活性剤が含まれている高級アルコール系シャンプーは、髪や頭皮に刺激が強いだけでなく、皮膚にも影響を及ぼす可能性があります。そのため、今使っているシャンプーを見直してみることがオススメ。

私が一押しのシャンプーは石鹸シャンプー。成分は石鹸を原料とし、数種類の保湿剤などのみ。洗浄力も高く、洗い上がりもすっきりする上、髪にハリやこしも生まれます。

髪のボリュームが減ってきた、髪にツヤがない、頭皮が脂っぽいなどの悩みをお持ちの人にはぜひ使ってみてほしいシャンプーです。そして、髪を中和させるためにもクエン酸リンスも一緒に使ってみてください。

その際の注意点:カラーやパーマをかけたばかりの人頭皮が乾燥気味の人は石鹸シャンプーのアルカリ性という性質が合わないため、使用は控えてくださいね。

生活改善は髪にもよければ健康にもいい

十分な睡眠を確保する

22:00~2:00は成長ホルモンが活発に分泌される時間と聞いたことあると思います。その時間に寝ていることは美しさを保つのに必要な時間だそうです。

しかし、私たちは忙しい。仕事に子育てに時間に追われ、夜がやっと自分の時間になる。すると、寝るのがもったいない!と、ついつい寝る時間が遅くなってしまったりしがちです。

その人が置かれている状況によって違うため、何が何でもその時間に寝なければとは言えませんが、できるだけその日のうちに眠れるように心がけたいですね。

そこで提案です。0時までにはなるべく寝るように努めて、起床時間を1-2時間早めてみたらどうでしょう。その時間を自分の時間に当てるのです。

時田麻子
時田麻子
子供がまだ小さくて手がかかっていた時、それこそ起床時間は4時で2時間は自分の時間として使えていたわ。寝る時間も子供と一緒に寝てしまっていたから22時、遅くても23時には寝ていたものよ。

また、1日のうちの隙間時間も無駄にすることなく使うと案外自分の時間が作れたりするものですよ。

ベッドに入る1時間前に入浴を済ましておく。もちろん可能なら湯船にゆっくり浸かってその日の疲れを癒してあげることも良い睡眠を促す方法の一つです。

お風呂上りにビールと行きたいところですが、お酒を飲むのではなく、白湯をゆっくり飲んだり、ベッドに入ってから自然に眠るまで本を読むなどもオススメです。

スマホやパソコンは寝る前はなるべく遠ざけてくださいね。

適度な運動をする

1日の中でどれくらい運動をしていますか?忙しいと、全く運動できないなんてこともありますよね?そんな時は隙間時間を狙ってストレッチがオススメです。

1日を通して、スクワット5回を10セットやるなど隙間時間を有効活用してみてはいかがでしょうか。

私は夜8時に近所のママ友を誘ってウォーキングに出かけます。結構な速度で多少のアップダウンが入るので負荷も少しかかりちょうどいい感じな運動量です。

しかし、これが一人でとなると3日ももたなかったと思います。結構、面倒臭がり屋なので、「楽」と言う誘惑に負けてしまいがちな私なのです。

だから、人を巻き込んでのウォーキングは私にとって大成功でした。

時田麻子
時田麻子
もう9年も続いているんですよ。これだけは私の自慢なんです。

「スキマ時間に運動」オススメです!
真面目に「ラジオ体操」もオススメです!

スクワットその場跳ね、スフィンクスなどもあります。あぁ、教えたくないけど、みなさんのためにこちらのサイトが簡単でオススメですよ。

喫煙飲酒は控える

タバコには多くの有害物質が含まれているのはもはや知らない人はいないと思います。百害あって一利なしですね。

実はタバコは髪にも大きなダメージを与えますニコチンによる血管収縮、ニコチンによるビタミンC破壊で栄養不足に。自律神経が乱れるため、興奮状態が続きます

すると、頭皮からの汗や皮脂の分泌量が増えることで、毛穴が詰まりやすくなるのです。とは言っても、愛煙家の方は、すぐに禁煙など簡単なことではありませんよね。

できれば、百害あって一利なしなのですから、やめたほうがいいのですが、すぐには無理ならば、1日の吸う量を減らしてみては?とご提案します

タバコが吸いたくなったら、ガムを噛む、飴を食べるなどで脳をごまかしながら、いつもは吸ってしまうその1本をやめてみる。その継続で、いつもの半分で済ませることができるかもしれませんよ。

そしてお酒。この場合のお酒は量と質の問題です。質の良いお酒も少しなら、体にも良いと言われています。しかし、過度の量や質の悪いお酒はかえって体に悪いものとなりますので、当然髪にだって言い訳がありませんよね。

そんなわけで、お酒の量はほどほどにしましょう。

たんぱく質をはじめとする栄養をバランスよくとる

髪に有効な栄養素はたんぱく質をはじめ、ビタミン、亜鉛、・・・・・と紹介されています。では髪を増やすためと言って、特定の栄養素をたくさん取れば本当に髪は増え、美しくなるのでしょうか。

マミちゃん
マミちゃん
それは間違いですよ。特定の栄養素ばかり取っていたら、よくなるどころか、健康を害す恐れもあるんですよ。

人の栄養素は三大栄養素である炭水化物、たんぱく質、脂肪をはじめ、生命の輪でつながっているビタミン、ミネラル、アミノ酸などの46種類の必須微量栄養素が必要です

これらの必須微量栄養素は相互関連しあって、チームとして働くことで大きな力を発揮すると言われています。このバランスこそが体に栄養を与える意味で一番大事なことなのです。

マミちゃん
マミちゃん
だからね、髪でも肌でも目や膝でも、特定の栄養素だけじゃなくてバランスよく栄養をとることが一番重要なのよ。って力説しちゃったわ。

帽子をかぶり紫外線対策をする

帽子をかぶる意味を知っていますか?実は頭皮も顔などの皮膚と同様に紫外線により老化という影響を受けてしまうんです。

紫外線は肌に当たると奥まで入り込んで活性酸素という老化物質を発生させますよね。頭皮もそれと同じなのです。

私は若い頃その辺が無頓着でした。だからじわじわ〜と頭皮が老化していたんですね、きっと。紫外線から頭皮を守ると言う意味で、今からすぐにでも帽子をかぶりましょう。

特に春や夏の紫外線が強い季節は必需品ですよ。とは言っても、帽子をかぶることで汗などで頭皮が蒸れてしまうこともあります。蒸れには要注意ですよ。

汗を拭いたり、室内などでは帽子を脱ぎ、頭皮を換気してあげてくださいね。

育毛剤の使用を考えてみる

「今ある髪を強くハリのある髪に育てたい」とお考えならば、育毛剤を選択するのも一つの方法かと思います。

その際に注意して欲しいのが、育毛剤には男性用、女性用、男女共用と3種類あり、女性は絶対に男性用の育毛剤は使ってはいけないという点です。

そもそも、女性と男性は同じ人間であってもホルモンが違います。薄くなる原因の大元が違うのです。なので、必ず「女性用」の育毛剤を選ぶようにしましょう。
そして、その種類もたくさんありますので、よく選んで自分にあった育毛剤を使いましょう。

 

まとめ

  • 医療機関を利用する
  • 担当美容師に相談をする
  • 髪について勉強をする
  • シャンプー方法の改善
  • 生活習慣を見直す(睡眠、飲酒、喫煙、運動)
  • 髪に良い食べ物をとる
  • 帽子などで紫外線対策
  • 育毛剤を調べる

ざっとですが薄毛が気になりだしたらどう動けばいいか挙げさせていただきました。専門医に診てもらうという選択、美容師と相談し家でできるケアをするという選択。そして、どちらにしても、髪についてきちんと勉強して、正しい知識を持つことが大切だと思います。無知な選択は後悔の元となりますので、ご注意くださいね。